目立たない装置・見えない装置


「矯正は格好悪いからイヤ」とあきらめないで下さい。

以前は目立つ矯正装置を敬遠しがちでしたが、本クリニックでは 最新の白色セラミック装置(図A)はもちろん
外から見えない優れた最新型の裏側装置(図B)を用いる場合でも、
どのような症状の方でも治療させていただけます。


仕事上、装置が見えては困る方や、友人、同僚などに知られず、いつの間にか知的で美しい口もとに、とお考えの方、
お気軽にご相談ください。

 患者様に選ばれるクリニック作りをめざして、見えるのが嫌という多くの方の期待に応えるために、
特に、
裏側矯正は、1995年の開業時から、研修に基づく数多くのより良い治療結果から、
近年は、大人の方だけでなく、子供さんの要望も多く、年代を問わず、
皆様にお勧めできます。




裏側からの矯正治療は、確かに慣れないと本当に難しいものです。
まだ、技術が十分確立されていなかった、1995年の開業当時から、日本の著名な先生のコースを受講させていただいたり、
欧米にも何度も行って、そのたびに撮って帰って来たビデオを、1日10時間以上、くいいるように見ていました。

裏側矯正が難しい理由は、


1.表側とは違う異なる力学的な考えのもとに治療しないといけないこと
 表側ではなく歯の裏側に付けると、装置と装置の間の距離が短くなり、
より大きな力がかかります(かかる力は距離の3乗に反比例します)。
矯正で歯を動かす時には、比較的弱い適切な力が必要なため、裏側に
つけると、
必要以上に大きくなりがちです。

 → しかし、近年では、適切な弱い力を持続的にかけられる弾性の高い形状記憶合金、
ゴムのような性質を持つゴムメタル合金等のワイヤーの開発や
装置間距離が短くならないサイズの小さいSTb装置の開発により、
力学的考察からは、格段に治療しやすくなりました。

 また、歯の移動は、歯の見えている部分(歯冠)に力をかけるので押しても引いても
歯は倒れることになりますが、そこにひねりの力(モーメント)を加えること
により時にはまっすぐに時には歯根から動かすことができます。
 例えば、見た目にも機能的にも重要な上の前歯をひっこめていくときには、

裏側の装置のほうが何倍も大きなひねり(モーメント)が必要になり、
そのような力を生み出すワイヤーを設計して、多くの患者さんを治療するという経験が不可欠になります。




2.装置をセットする際の工夫が必要であり、また非常に重要であること

歯の表側は、表面が比較的なめらかで、適切な位置に装着すれば、
ほぼまっすぐ並ぶブラケットが開発されているため(ストレートワイヤー法)、
術者が目で見ながらピンセットでつけていきます。


歯の裏側は、特に日本人では、表面がでこぼこしており、また、
表側に相当するようなブラケットも開発されていません。
 裏側では装着前に歯の模型をとり、それをきれいに並べ治して、
そこにまっすぐなワイヤーを通した時のブラケットと歯の関係を
3次元的に再現できるようなキャップを作り、それを用いて装着します。(図)




3.口の中での複雑な実際の施術が難しいこと

 当然なのですが、歯の裏側では、表側の患者さんに比べて、装置の装着や
ワイヤーの出し入れなどが面倒になり、施術に経験が必要になります。










2        歯を抜かない治療(非抜歯治療)



TOPへ