カウンセリングここが違う

 
トップ > カウンセリングここが違う
カウンセリングここが違う

カウンセリングここが違う

 専門用語を並べ立てるのではなく、持てる知識を皆さんのわかる言葉で、時間をかけて、できるだけ一生懸命、説明します。
矯正医としての約30年の治療の知識や経験から、患者さんへの説明の内容が変わってきたように思います。それは、治療自体だけではなく、患者さんに人として接する必要の重要性や、治療やコミュニケーションを私以外のスタッフと一緒に図ることになることをわかった上で説明する必要があるとの思いからです。
 
  それは、大学病院に得た研究に裏打ちされた診療経験はもちろん重要ですが、それだけでなく、開業後に町医者として約20年、皆さんと接して学んだ経験からより強く感じています。わからないことはわからないと言いますし、友人にアドバイスするように、できるだけ率直にお話ししたいと思っています。


    矯正治療を受けようという皆様方に、時として、“始めに”新しい装置“ありき、”新しい装置“が独り歩きして“伝わっている印象を持つことが少なからずあります。“新しい装置”は、長い年月をかけて培われた矯正歯科学の基礎知識、原理原則、の上に築かれています。このような意識なしに、安易に、”新しい装置”を、患者様に使ってみるというスタンスはどうかと思います。 矯正歯科医は、使用する“新しい装置”やそれを用いた治療法の基本理念が、十分わかって、始めて、十分に使いこなし、より良い結果を生みだせると聞く機会がありました。その通りだと思います。 “新しい装置”が良いのではなく、矯正歯科医の知識と経験、“新しい装置”も使いこなせる知識と経験が、何より、患者様の症状を改善するのに役立つのだとも思います。

私たちが目指しているカウンセリングは、“この”新しい装置“を使っているから、治りますよ”といったお話ではありません。治したいところ(主訴)はこういったところですね。
 でも、他にも、このような原因から、こんな問題もありますよ。それをこの時期にこのようにして治していくことで、将来的に、このようなことが期待できますよ。 また、逆に、このようなことは期待できませんよ。、、と説明したいと考えています。
 
 

このようにご相談させて頂きます。

 お話をお聞きして、専門家としてご相談します。

まず、一番治したいところ(主訴)をお聞きして、それをよくわかった上で、説明したいと考えています。それを治す治療を心がけています。本当に当た